未分類

ハーブガーデンシャンプー 使い方

投稿日:

ハーブガーデンシャンプーの使い方

ざっくり言うと...

  • 正しい洗い方は予洗いとすすぎがポイント
  • 泡立ちが悪いのは使い方が悪い可能性も
  • コンディショナーは使い方色々!1本でヘアケアできちゃう

ハーブガーデンシャンプーは低刺激なアミノ酸系シャンプーです。

肌に負担が少ないけど、正しく使わないと効果が得られないだけでなく、逆効果になってしまうこともあります。

この記事では、ハーブガーデンシャンプーの効果を高める正しい使い方についてまとめてみました。

ハーブガーデンシャンプーの使い方|基本の使い方

シャンプーする女性

シャンプーは毎日使うものなので、正しい使い方をマスターすることが綺麗な髪につながります。

まずは、ハーブガーデンシャンプーの基本的な使い方を確認していきましょう。

参考:正しいシャンプーの仕方わかりますか|新潟県理容生活衛生同業組合

入浴前に乾いた髪をブラッシング

一手間ですが、入浴前に乾いた髪の毛をブラッシングしておくことで、髪の毛についたほこりなどを汚れをかきだして落とすことができます。

余分な汚れを落としておくとシャンプーの泡立ちもよくなります。

お湯で最低でも2分以上洗う(予洗い)

シャンプーをつける前に髪の毛を濡らしますが、ここは「濡らす」のではなくお湯でしっかり「洗う」ことがポイントです。

最低でも2分間はお湯で予洗いをしましょう。

不要な皮脂や汚れは、予洗いだけで7割落とせると言われています。

また、髪にしっかり水分を含ませておくことで泡立ちもよくなりますよ。

髪の毛で泡立ててから地肌を洗う

シャンプーは直接地肌につけずに、手のひらで伸ばしてから髪の毛につけて髪で泡立てます。

空気と水分を含んだ髪が泡立てネットの役割をしてくれます。

十分に泡が立ったら、指の腹で優しく地肌を洗いましょう。

すすぎ残しがないように丁寧に流す

シャンプー前と同様、シャンプー後もじっくりお湯で洗い流します。

ハーブガーデンシャンプーはアミノ酸シャンプーなので、地肌になじみやすいです。

汚れを浮かせたシャンプーが地肌に残るとかゆみやベタつきの原因になるため、丁寧に流しましょう。

泡で洗っていた時間の倍をかけて流すイメージで行うと十分に流せますよ。

コンディショナーをつける

シャンプー後、髪の毛の水気を軽く切ってからコンディショナーをつけます。

ハーブガーデンシャンプーのコンディショナーは、頭皮につけてもOK

髪の毛になじませている間に、硬くなった頭皮をコンディショナーをクリームがわりにマッサージしてあげるのもおすすめです。

コンディショナーは軽く洗い流します。

タオルドライで優しく水気を拭き取る

タオルで髪を拭くときは、ゴシゴシこすらずに、タオルで優しく挟んで水気を吸い取るイメージで行いましょう。

濡れた髪に摩擦を起こすと、切れ毛などダメージの原因になります。

ドライヤーで乾かす

タオルドライ後はドライヤーで乾かします。

自然乾燥は雑菌が繁殖する原因になるので、必ずドライヤーを使いましょう。

ドライヤーも熱を当てすぎるとダメージの原因になるので、

  • 同じ場所に10秒以上当てない
  • 温風と冷風を切り替えながら乾かす
  • 最後に冷風で引き締める

を意識して行います。

また、乾かすとボリュームやダメージが気になるという方は、ドライヤーの前にコンディショナーを髪になじませて乾かすのもおすすめです。

ハーブガーデンシャンプーが泡立たないときに考えられる原因

ハーブガーデンシャンプーの泡

ハーブガーデンシャンプーは泡立ちが悪いというレビューをしている方も結構見かけます。

安価なシャンプーには泡立ちをよくする起泡剤という合成成分が配合されていますが、無添加のハーブガーデンシャンプーにはありません。

また、アミノ酸系シャンプー自体が泡がゆるくて柔らかいです。

正しく使えばしっかり泡立ちますが、市販シャンプーと同じように使うのでは泡が立ちにくい場合もあります。

シャンプー前のすすぎが足りない

起泡剤が含まれている安価なシャンプーは、少し濡らした髪でもモコモコに泡が出てきますが、ハーブガーデンシャンプーはしっかり髪を予洗いする必要があります。

十分な予洗いで汚れを落とし、髪の毛に水分を含ませておくことで、泡が立ちやすくなります。

シャンプーの量が少ない

シャンプーの量が足りないと泡立ちも悪くなりやすいです。

ハーブガーデンシャンプーの適量は、

使用量の目安

ショート/3プッシュくらい

セミロング/4プッシュくらい

ロング/5プッシュくらい

が目安になります。

頭皮の皮脂が多い、整髪料をつけている

皮脂や整髪料も泡立ちが悪くなる原因です。

しっかり湯洗いをすることで改善できますが、整髪料や皮脂の量によっては2度洗いをするのも効果的です。

また、皮脂が多いという方は、ハーブガーデンシャンプーを使い続けることで皮脂バランスが整うと泡立ちもよくなります。

ずっとシリコン系のシャンプーを使っていた

シリコン系のシャンプーは髪の毛の表面にシリコンが付着することで滑らかになっています。

シリコンが付着していることで泡立ちを邪魔していることも考えられます。

ノンシリコンのハーブガーデンシャンプーで3日ほど使うと、泡立ちもよくなる場合があります。

ハーブガーデンシャンプーできしむって本当?

頭を掻く女性

ハーブガーデンシャンプーは、泡立ちの他に、きしむという意見も見受けられました。

保湿力が高いのでノンシリコンでもきしみにくいシャンプーですが、髪質によってはきしみが出ることもあるようです。

髪の毛のダメージが多い可能性

ブリーチや縮毛強制などで髪の毛がハイダメージの場合は、ハーブガーデンシャンプーに限らずノンシリコンシャンプーが合いません。

まずは、シリコンインのシャンプーを使ってダメージケアをすることが必要です。

シャンプーの量を増やすのもおすすめ

泡立ちが悪いときしみの原因になる場合もあります。

少しきしみが気になるという方は、目安より1プッシュ多くシャンプーの量を増やしてみましょう。

ハーブガーデンコンディショナーのおすすめの使い方

ハーブガーデンコンディショナーはコンディショナー以外にも使える

ハーブガーデンコンディショナーは1本で3役も使えるかなり多機能なアイテムです。

これ1本あれば、他のヘアケア剤は不要なのでかなりコスパがいいですよね。

洗い流さないトリートメント

コンディショナーとしてでなく、洗い流さないトリートメントとしても使えます。

ドライヤー前につけると、髪の毛のボリュームやダメージを落ち着かせることができます。

頭皮のマッサージクリーム

頭皮につけても大丈夫なので、頭皮のマッサージクリームとしても使えます。

頭皮のマッサージは抜け毛や薄毛の予防にもなるし、たるみやむくみなどアンチエイジングに効果的です。

頭皮の保湿剤にもおすすめ

私のオリジナルですが、ハーブガーデンコンディショナーを頭皮の保湿にも使っています。

ハーブガーデンシャンプーを使う前に使っていたシャンプーが、洗浄力が強くて頭皮が乾燥してしまっていて。

冬場など乾燥すると痒みがでてしまっていたので、痒くなりそうな時にハーブガーデンコンディショナーで保湿していました。

おかげで、生え際を掻きむしることが少なくなり肌が綺麗になってきました。

ハーブガーデンシャンプーの効果的な使い方|まとめ

まとめると...

  • 正しい洗い方は予洗いとすすぎがポイント
  • 泡立ちが悪いのは使い方が悪い可能性も
  • コンディショナーは使い方色々!1本でヘアケアできちゃう

せっかくいいシャンプーを使っていても、使い方が間違っていては意味がありません。

シャンプーは毎日行うヘアケアなので、日々の積み重ねが大事です。

習慣になれば簡単なことなので、しっかり効果を実感したいという方は、使い方を見直してみてくださいね。

-未分類

Copyright© ハーブガーデンシャンプー 口コミ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.